ハワイの歴史について

日本人にとって、人気の高い観光スポットのひとつとして、ハワイが挙げられます。
そのように、観光を目的とするだけではなく、現地の歴史について学んでみるのも、また面白いものです。
わが国では、ハワイ島とオアフ島を混同している人が多く存在しますが、そうした間違いを防ぐために、ハワイ州の成り立ちを正しく理解しておきましょう。

現地には、ポリネシアと呼ばれる民族が、最初に住みつきました。
この民族には、文字による文化が存在せず、当時の状況を知ることは困難ですが、口頭による伝承や歴史家の研究によって、ある程度のことがわかっています。
その後、現地に移住したタヒチ人も、ポリネシア人をルーツとする民族です。
この頃から権力闘争が起こり、さらには身分社会が到来します。
当時は四つの階級が存在し、女性への禁制、差別もありました。
その中でも最上級の身分であるアリイ(王族)は、神とつながっており、神の精神を受け継ぐ家系であると考えられていました。

そして、アリイ(王族)の中でも、最高の権力者であるアリイ・ヌイの地位をめぐって、権力闘争が発生します。
この時代には、剣や弓といった武器は存在せず、まずは石を投げることによってたたかいが始まり、さらには木槌と石鎚による戦闘が繰り広げられました。
このカテゴリーでは、ハワイの歴史に関するさまざまな情報を、数多くお届けします。
これから、現地への旅行を計画している人などは、是非とも参考にしてみて下さい。

Copyright © 2014 ハワイの歴史 All Rights Reserved.